プロミス、申し込みする前に知っておきたいこと

ネット社会の現代、インターネット上には、さまざまなそして異なった情報がとびかっています。そのような、多くの情報から、閲覧している人は混乱を覚えることもしばしばです。プロミスの審査についてもそう言えるのではないでしょうか。

プロミスの審査と検索するなら、多くの情報を得ることができる一方、異なる情報もあります。

例えば「プロミスの審査は通りやすい」「プロミスの審査は厳しい」などです。

もし、プロミスで借入れを考えている人ならば、一体どちらが本当なのだろうか不安になるものですね。

では、プロミスの審査は実際は通りやすいのか、そうでないのか、通る人通らない人の違いを見て行きましょう。

プロミスの審査は通りやすいか

239997結論からいえば、審査は甘くありません。プロミスに限ったことではありませんが、お金を貸す側は、貸したお金をきちんと返してもらわなくては困ります。

初めから、お金を融資するには不安要素があるという人にお金を貸すわけにはいきません。

ですから、審査によってきちんと申し込みした人の信用を調べます。信用に値する人だけにお金を融資するのです。

審査に通らない人はどんな?

では、どのような人が実際審査に落ちてしまう可能性が有るのでしょうか?理由はさまざまですが、かなり審査の結果が厳しくなるケースをピックアップしてみましょう。
569897
信用情報に、事故情報が記載されているつまり、マイナスな情報が登録されているなら、審査通過は大変厳しくなります。

審査の時に必ずみられるのが信用情報です。

信用情報とは、信用情報機関で管理せれており、過去、利用した、または、現在、利用しているローンやクレジットカードの契約状況、借入れ状況、支払情報などの情報の事をいいます。

プロミスのみならず他者の金融業者は、審査時にこの情報を閲覧します。マイナスな情報とは、ローンの長期延滞、責務整理(合法的に借金を整理すること)、強制解約、代位弁済(保険会社や連帯保証人によって借金回収)などのマイナスな情報が含まれます。

このような記録が一つでも記載されているなら、審査には落ちてしまうでしょう。

 

他にも、既に複数の消費者金融や信販会社からお金を借入れしている場合です。信用情報には、今現在、何件の消費者金融からお金を借入れしているかも記載されています。すでに、幾つかの金融業者からお金を借入れしている場合は、新たに申し込まない方がよいでしょう。

また、申し込みをした時点で、信用情報に記載されますので、プロミスに落ちた時の保険として、他社に申し込みするなら、審査に落ちてしまう可能性が大きくなります。短期間のうちに複数社への申し込みをすると、それだけお金に困ってとる人と判断されてしまうからです。

他には、他社の消費者金融や信販会社からの借入れ合計が、年収の3分の1既にある人です。法で、消費者金融や信販会社の借入れ総額は、年収の3分の1と法できめられているからです。

このように、先に述べられていることに当てはまる人は、審査に通るのは大変厳しいでしょう。この条件に一つでも当てはまるなら、申し込みは控えた方がよいでしょう。

審査に通る人はどんなひと

brown0099審査に通る人の特徴は、プロミスのウェブサイトに記載されている、申し込み条件にまずクリアしていなければなりません。

申し込み条件は、年齢20~69歳で、安定した収入がある人となっています。(生活が年金のみは不可)それに加え、上記の審査に通らない人に当てはまらないのであれば、審査に通過する可能性は多いにあります。

また、審査に通る人は、申し込みの際、空欄がないようきちんと記入している人です。当然のことですが偽りなく書くことは大切です。きちんと記入することにより、信用度は高くなるでしょう。

また、希望の借入れ金額を、申し込みの際、比較的少ない額で申し込みすることもよいでしょう。

過度の心配は無用

プロミスの審査は、甘いわけではありませんが、だからと言って審査に通るか通らないか過度に不安にする必要はありません。過去に金銭トラブルを起こしたことがなく、収入も安定していているなら、過度に心配しなくても良いでしょう。

まずは、プロミスの公式ウェブサイトにある、「お借入れ判断」で、借入れできるか、調べてみてもよいでしょう。三つの項目を入力するだけでいいのでとっても簡単です。そして、3秒で判断できます。すぐに、結果をしれるのはうれしいですね。(※簡易なので、審査では結果が異なる場合があります。)

借入れ可能と判断されてから、申し込みをし、それから審査です。審査は最短で30分もあれば結果が出てきます。その審査の速さから、プロミスではウェブ完結なら、即日融資も可能です。

プロミスでの借入れを考えている方はあれこれ悩む前に、プロミスの公式ウェブサイトにアクセスし詳細な点を調べてみましょう。