プロミス、審査に落ちた原因と対処法とは?

プロミスの審査に落ちてしまった場合、慌てずに落ちた原因を分析してみることは大切です。

他社からの借入れはないでしょうか?もし、すでに2~3社以上の借入れが有る場合審査に落ちてしまう可能性が高くなります。

また、貸金業法には「総量規制」があります。貸金業者からは総額、年収の3分の1までしか借入れできないというルールです。ですから、貸金業者(消費者金融、信販会社)からの借入れ総額がすでに年収の3分の1あるなら、確実に審査には落ちてしまいます。

他社から借入れが無いとしても、借入れ希望額が年収の3分の1を超えていれば、「総量規制」に違反してしまうので審査には通りません。

他にも、延滞している借金があるでしょうか。また、安定した収入があることは、審査通過にはとても重要になっているので、勤務年数が短い、または、収入が安定していないことは落ちてしまう原因になります。

また、一度に何社か申し込みをしている場合も審査に落ちてしまう原因です。

このように、落ちてしまう要因はさまざまありますが、落ちてしまったので、またすぐに他社の大手消費者金融に申し込みをするのはお勧めできません。半年ほど、審査に落ちたことが信用情報機関に記録されるからです。

それでも、今すぐに借入れしたいというかたは、銀行か、または中小企業の消費者金融で申し込みすることもできます。銀行は、「総量規制」の対象外なので、年収の3分の1すでに借入れがあるとしても、審査に通るかもしれません。

中小企業の消費者金融は、「総量規制」の対象内なので、審査に落ちた理由が「総量規制」に当てはまらないのであれば、申し込みしても良いかもしれません。ですが、中小企業の消費者金融での借入れは、細心の注意が必要です。

何が何でも借りたいという気持ちを抑え、まずは落ちてしまった要因分析し思い当たることがあるなら改善するのがよいでしょう。そうするなら、経済的面でのストレスを増してしまうのを避けられます。